MTのすすめ

MTのすすめ

最近めっきり出会わなくなった、手動変速の車。

信号機が赤から緑になるたび、せこせこ1速から2速へ入れる私。ルームミラー越しに後ろの車が、急に近づいてきたりすりことが多くなりました。知ってのとおりギア変換時はアクセルペダルを一瞬離さなければならないので、マニュアルならではの加速の仕方に後ろの車が驚いてしまったようです。

私の自動車変速機遍歴は、MT→AT→MT。ATのあの物足りなさ、何でしょう?左足が加速をするたびムズムズして、左手に握るシフトの種類の多いこと。パーキングブレーキのやり方も車種によっていろいろ、この前レンタカー借りたらエンジンスタートがゲームセンターのSTARTボタンみたいになっていました。

本当にMTドライブが好きな人のための車は少なくなりました、それでいて値段の高いこと。車種によってはATの特別仕様よりも高いのですから、一般人にはお手ごろのMTといえば軽トラぐらいになりました。軽トラ楽しいですよ。うなるエンジン音で力強く加速する一速、一速の重いエンジンブレーキから開放されるのもつかの間、後ろの車の加速にびくびくしながらもなおフルスロットルの2速、そしてやっとたどり着く至福の速度域3速。4速までつないだときのあのなんともいえない達成感。どうですか?電子制御でガチガチに固められたATで路面電車のように走るのもいいですが、MT運転のドラマも体感するといいものですよ。

こちら



私としては、大道芸人がジャグリングをするような楽しさがあるのです。はじめは、ギアがうまく繋がらなかったり、坂道で半クラッチにイライラしたり、そんなことを経験しながらも出来たときのうれしさ、なんだかずっと腕が疲れきるまでしたくなります。世界にまたMT車好きが湧き出してくることを心から願うものです。

自動車を売却して保有しなくなった理由

社会人になってから一年後に初めて自動車を購入してから30年近くずっと自動車を保有し続けていましたが、最近自動車を売却して30年ぶりに自動車を保有していないという状態になっています。

私が自動車を売却してそれから自動車を購入していない理由は自動車の費用対効果が少なくなったからにほかなりません。維持費や自動車の減価償却の費用が高くなってしまったということになってしまったからです。具体的には今まで住んでいた場所から比較的都会の中心地に近い場所に引越しをしたことから月極駐車場代が前の月極駐車場代よりも大きく増えてしまったのです。前の月極駐車場代が月に9000円だったのに対して今の自宅の周りで月極駐車場を借りると月に40000円近くかかってしまうことになることが分かったのです。

こちら



これでは年間の維持費が36万円以上増えてしまうということで実に3年間で100万円以上増えてしまいます。これでは家計に対する自動車の負担があまりにも増えてしまうという事実から売却をしました。もちろんずっと自動車とともに生活していましたから、自動車の便利さも自動車の費用以外の楽しさも知っているつもりですが、これではあまりに負担が大きすぎました。

また、都会の中心地に近い場所に引越しをしたことから、交通の便が非常に良くなったということも大きな影響を与えていることも事実です。以前ではちょっとした買い物やレジャーでも交通の便に不便さから自動車を利用していたものが交通の便の良さから自動車の利用価値が相対的に低下してしまったのです。今の場所にいるということは自動車を保有する可能性はかなり低くなっているといわざるを得ない状況となりました。

セルシオからヴェルファイアへの乗り換え

私は車が大好きで、以前まではずっと憧れて、ようやく貯金を貯めて手に入れた

TOYOTAから発売されていたセルシオというセダンの車に乗っていました。

因みに形式は30後期のホワイトです。

ホイールや、ヘッドライトから窓ガラスのフィルムまで少しではありますが

自分なりにオシャレにカスタムしていました。

こちら



それに必ず一週間に一回はワックス洗車をしていましたし、

時間のあるときは自分自らでも洗車を楽しんで行っていたくらい大好きな車でした。

ただ、ハイオクを毎回入れていましたので燃費があまり良くない、家計にはあまり優しいとは言えない車でもありました。

でも好きだったのです。

ですが、2年ほど乗った頃に私にも家族ができ、

更に2年後には大切な子どもという何よりも掛け替えのない家族が増えて

以前とは車への考え方がかなり変わりました。

例えばお出掛けの際の子どもとのカーライフについて、

子どもの為のベビー専用チャイルドシートを設置しってしまうと、

セダンで天井が低いためかなり車内が狭くなってしまい

必要不可欠なおむつ替えなどがとても行いづらいものです。

それだけではなく子ども用の荷物などには、すぐに使うものが多いですのでトランクにしまうわけにはいかず、

高座席の下に起きますので更に狭くなります。

そして、金銭面に関しても、先程も言いましたが燃費があまりよくないため

段々と「あ〜何だかセルシオは大好きだけど、このままでは奥さんや子どもにとっては若干大変そうだな。

こちら

」と、

ファミリー向けのエスティマやアルファードなどへの買い替えを考え始めました。

それから数ヵ月後の今現在、我が家の愛車はファミリー向けの以前と同じくTOYOTAから発売されている

ヴェルファイアのハイブリッドになりました。

車内は広く奥さんも子どもも伸び伸びと乗れるスペースですし、

荷物はいちいち車の後ろにまわらなくても手を伸ばせば車内から取れます。

しかも自分自身かなりそのヴィジュアルと乗り心地の大満足しています。

ハイブリッドと銘打っているだけあって燃費もかなり良いです。

ずっと「車大好き人間な私の価値観は変わることがない」と感じていましたが、

家族という大きな存在が出来ることで、今やセダンにまったく興味がないくらい、

街中のファミリー向けの車をよく見ています。

と言いますか、今や愛車のヴェルファイアも家族の一員です(笑)

まぁそんな私の自分でも驚きだった車への価値観の変化についての何気ない日記でした。

あ、因みに先日ヴェルファイアのホイールを変えたので見るだけで嬉しい気持ちになっている今日この頃の私です。


こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>