高校時代の同級生の主人と7年付き合って結婚しました

高校時代の同級生の主人と7年付き合って結婚しました

高校時代の同級生の主人と7年付き合って結婚しました

同じ高校の同級生だった主人と7年の交際期間をへて結婚しました。最初に彼と知り合ったのは学校です。彼は野球部でした。顔はそんなにかっこよくなかったのですが、なんだか人柄のよさそうなとてもいい印象をもったのです。しかし当時彼は付き合っている彼女がおり、そんなに気になる存在ではありませんでした。
そんな時に学校行事の球技大会がありました。野球部はバスケの試合に出たのですが、野球も上手でしたが、バスケもとてもうまくて、一瞬で好きになってしまいました。ちょうど付き合っていた彼女と別れた時だったのでチャンスだと思い、友人に助けをもらって告白することになりました。しかし返事は残念なことに、断りの返事だったのです。理由はまだ、元彼女が好きだったこと、野球に専念したいということでした。それでもあきらめきれなくて何度も告白しましたがだめでしたね。
しかし最後の夏の大会が終わってから、みんなで海にいくことになり彼と一緒になりました。それから急激に親しくなり、最後の体育祭で一緒に踊ることになったのです。そのあと彼から今度は告白されました。就職は同じ地元でしたので、休日にデートなどして7年間おつきあいし、25歳の時にプロポーズされました。もっと早く結婚したかったのですが、のんびり屋の性格の彼なのでかなり待ちましたね。それでも今でもうまくやっていますよ。同級生同士の結婚って結構多かったですね。つきあいが長いので新鮮さはないですが、幸せな毎日です。

誘われて行ったコンサート会場での運命的な出会い

運命の出会いってあるのでしょうか?あると私は信じています。というのも、私の現在パートナーとは某アーティストのコンサートで、運命的な出会いをしたからです。
なかなかチケットが取れないことで有名な某アーティスト。私もその人のコンサートに行ってみたいなと思っていましたが、ファンクラブにでも入らなければ絶対に取れないほどの人気ぶり。たまたま友達がその人のファンクラブに入っていて、奇跡的に取れたチケット。そして一緒に行かない?と誘われたので、二つ返事でOKしました。
同じく私の男友達もそのアーティストの大ファンで、なんとその人も同じ日のチケットが取れた模様。彼は飲み友達の一人でしたが、そこまで頻繁には連絡を取っていない仲でした。当然ですが別々にそのチケットを取ったので、2万人弱入るその会場で当日会える保障もありません。第一入場できる入り口も決められています。まさか会えるとは期待していませんでしたが、万が一当日会えたら飲もうねと約束していました。
コンサート当日、開園直前にお互いメールでどこにいる?と聞きました。驚いた事に彼は、同じブロックでしかも同じ列の私たちの3つ後ろの席に居ました。そしてその時に彼と一緒に来ていたのが、今の私のパートナーでした。この時がまさに初対面でした。
コンサートが終わって約束どおり飲みに行きましたが、初対面にもかかわらず相当盛り上がりすぐに今のパートナーと意気投合しました。帰る方向も同じだったので送ってもらい、その途中で連絡先も交換しました。駅で別れた瞬間からパートナーからメールが来て、それから毎日頻繁に連絡が来るようになりました。あのコンサートの日から徐々に仲良くなり、その後は毎週デートを重ねました。結婚を意識するようになり、付き合って1年半後に私たちは結婚式を挙げました。誘われて行ったコンサート会場で、まさに運命的な出会いをしたのです。

世界で最高の伴侶に出逢いました

私と現在の旦那が出逢ったのは共通の友人のバースデーパーティーででした。
その時私は長年付き合ってきた元カレと別れて数か月が過ぎ、そろそろ彼氏がほしいなと思っていたので、共通の友人である友人に誰かいい人がいないかと聞いたところ、年も近くて見た目はいいのにちょうど彼女募集中だった旦那を紹介されたのです。
見た目がすごくタイプでお金にも余裕がある様子、ただ私はぐんと年上の方としかつきあったことがなかったので年齢が近いというのが難でしたが、そんなことは感じさせないくらいの落ち着き具合で、あったその日から少しずつ惹かれていきました。
電話番号も交換し、自然と食事に行くことに。食事の好き嫌いが多い私のことを考慮してくれて、私の好きな食材だけでコースを作るようシェフに依頼してくれていたり、ちょっとした階段があれば手を差し伸べてくれる彼に温かさを感じていました。
3回ほどデートを重ねた後、風邪を引いた私を心配してくれてフルーツを差し入れしてくれました。弱っている時ほど人の温かさがほしくなるというのは本当のようで、その日からおつきあいをすることになりました。
付き合いだしてからも旦那の優しさはそれまでと全く変わらず、変わったのは私への呼び方が呼び捨てになったことと、旦那が少し太ったことくらいでしょうか、いっぱい手料理を振舞いすぎてしまったようです。
私もアラサー真っ只中になった頃、彼から結婚してほしいとプロポーズされました。指輪は自分で選びたいだろうからと、その前日にウィンドーショッピングをした時に私がかわいいと言っていたバッグをプレゼントしてくれました。プレゼントに対してと言うよりも私がほしがっていたことを覚えていてくれたことや、指輪に対する考慮に感動し、結婚はまだ先だと思っていた私でしたが即答でお受けしました。
結婚して3年、今でも相変わらず優しくて私のことを大切にしてくれている旦那です。

1
2
3


こちら


<<前のページへ   次のページへ>>