運転は楽しいけど怖い車

運転は楽しいけど怖い車

車の免許を取得して20年近くが経ちますが、車の運転はいつも怖いと思っています。もちろん楽しいこともあり、ドライブをするのは好きなのですが、こちらがどんなに気を付けていても事故は起こりうるからです。車の運転でいつも冷や冷やするのが高速道路の入り口で車線に進入する時、車線変更をする時、急カーブの箇所です。毎日高速道路を使用するわけではありませんが、車の運転は毎日しています。しかし高速道路での運転は、20年車に乗っていても未だに怖いと思います。時々後ろからハイスピードでダンプカーがついてくると気持ちが焦ったりします。

実家へ帰る時に大阪市内から奈良の大和郡山まで高速道路を使用します。この道のりで一番ドキドキするのが環状線です。急カーブが多く、交通量も多いので事故が多い地帯です。高速道路で危険な運転の一つとして、低速度での運転があります。もちろん速度制限を上回ったハイスピードでの運転は危険なのですが、実は低速度の運転も事故の原因の一つなのです。

高速道路の入り口の進入時にウインカーを出したままなかなか路線に入らない車をよく見かけます。あれはとても危険で追突事故を招きます。しかし私自身、初めて高速道路を使用した時になかなか進入出来なかった思い出があるのです。

こちら

一緒に同乗していた助手席の主人にひどく怒られたことを思い出します。車線変更の時も同じです。なかなか入らないことが事故の原因となるからです。それから何度か高速道路を体験し、スピードを減速せずに進入することを心がけ、スムーズな車線変更や進入が出来るようになりました。

やはり車は出来るだけ回数を多く、色々な道を運転することが運転技術をアップさせるのだと思います。乗りやすい好きな道ばかりを運転していても、なかなか運転能力はアップしないと思うのです。最近は自分で地図を開き、未知の場所へたくさん出かけて運転することを心がけています。

通勤のためのはず

私は通勤のために燃費が良く、運転に気を使わない、安い軽自動車を探していました。

原付などでもよかったのですが、雨や、暑さ寒さにへこたれてしまうかもしれないので、やはり軽自動車にする事にしました。

メインで使っているのはクラウンですが、燃費が悪くどこに行くにもガソリン代がかかってしまうので、ここぞという時にしか乗らない事にしました。

近所にあまり人が近寄らない、中古車販売店がありましたので、思い切って展示されている車を見て回りました。

こちら



とにかく安い物を探していると5万円のホンダ、トゥデイがありました。

販売店の人に話しかけて内装を見せてもらう事にしました。

内装もあまり汚れていなく、走行距離も1万キロちょっとでしたのでこれなら買っても、早い段階で元が取れると思い一様販売店の人になぜ安いのかを聞いてみると、人気がない車種なのでここまで下げられることを言っていました。

私は人気は関係なく安さでしたので、購入する意思を伝え契約しました。

諸費用込みで15万円くらいでいたが、原付の新車でもこれくらいするので納得の価格です。

納車の日が来ると、たとえどんな車でもワクワクいたします。

簡単な説明をうけて、さっそくその辺を一回りしました。

結構エンジンを回さないと前に行かないし、エンジンを回すと結構うるさいなーと不満を想いつつも、さすがに小回りが利くしどんな狭い駐車場でも困ることがないくらいコンパクトだと思い、新鮮な気持ちも5分くらいで落ち着いてしまい、家に戻りました。

通勤で使い始めてあらためて運転にあまり気を使わない事に気づき、燃費も良くて足代わりにもってこいの車です。

こちら



最近は、買い物などでもトゥデイに乗って出かけたり、家族を迎えにいったりと何かと重宝しております。

我が思い出の愛車ボクシー

私の車所有暦は、もう20年くらいになります。っていうと、大体年齢が分かってしまいますね。

今は言わないかもしれませんが、ハッチバックの車から始まり、セダン、スポーティな車などいろいろ乗ってきました。

その中で、一番印象・思い出に残っている車は、トヨタのボクシーという車です。

現在も発売している車なので、皆様もご存知であると思いますが、しばらく反町隆史がコマーシャルしていたワンボックスの車です。同じトヨタのアルファードや日産のエルグランド・ホンダのエリシオンよりは豪華さが控えめであったり。サイズも少し小さく、日産のセレナやホンダのステップワゴン、スズキのランディなどが同列のミニバンとしてよく名前を聞きます。

最近であれば、トヨタのノアがハイブリッド車として、テレビのコマーシャルに登場しており、そのノアとほぼ同型、といいうか販売店が違うだけの同じ車です。

こちら



私と夫は、子供がまだ居ないころ、仕事が休みになると、カセットコンロと布団を積み込み、全国を今で言う「車泊」して旅をして回りました。ある程度の目的地は決めて、そこを目指し走るだけ走り、眠くなれば道の駅などのトイレがある所に車を停めて、そこでパスタをゆでてフライパンでスパゲッティを作ったり、うどんを煮て食べたりし、そして車の中で寝ました。

今は「車泊」がブームであることもあってか、車のシートを倒してフラットになった上に敷くエアのマットレスなどが売ってますが、私はお金もなかったこともあり、流れるプールなどで使う平らなボートみたいなのをふくらましてシートの上にしき、その上に布団を敷いて寝ました。

雨が降れば、ご飯も車の中で食べて、そしてお酒を飲んで、ポケットラジオをかけて(車のラジオだとバッテリーがあがってしまうので基本的にエンジンは切ってました)、朝日が昇るまで寝ました。そしてまた旅・・・。

そんな感じで本当に一時期、わが愛車ボクシーと寝食をともにしたので、とても思い出が詰まっており、売らざるえない時には思わずむせび泣いてしまいました。

今も誰かが同じように私の「ボクシー」を乗ってくれたらなと思います。

東京 車売る


<<前のページへ   次のページへ>>